宮崎からすみ寒 | 宮崎の日向生まれ寒ボラからすみ
宮崎からすみ物語
原点

宮崎をからすみの町に

からすみをつくる父がいつも口にしていた
“宮崎をからすみの町にしたい”
その想いを受け継ぎ「宮崎からすみ寒」ブランドを立ち上げました。


前代表の父亡き後、会社を引き継ぐ3代目として、最初に取り組んだのが、父の念願でもあった「からすみ」で宮崎を盛り上げていくこと。本場の長崎からすみに引けを取らない宮崎ならではのからすみを考え、日向灘沖獲れの寒鯔の真子を天然の海水塩で塩漬けし、天日干しで丁寧に仕上げました。

「からすみの魅力を、もっと食卓に、もっと笑顔を」

私たちは、宮崎は日向生まれの寒ボラからすみを通して、さまざまなシーンで誰もが楽しめる“新しいからすみスタイル”をご提案します。
日向灘沖の寒鯔
宮崎県東部の南北に広がる海岸線約406kmに及ぶ日向灘は
その沖合を北上する黒潮が生み出す好漁場。
全国屈指の水産資源で獲れる「寒鯔」を使用しています。
良質な魚が獲れる豊かな漁場
太平洋に面した日向灘は、潮流やその水質の良さから良質な魚が収穫できる好漁場として知られ、弊社のからすみは、その沖合いで水揚げされた「寒沖鯔」から取り出した真子を使用しています。漁港から直接、鮮度や品質の良い鯔を大量に仕入れ、弊社の冷凍室で、常に旬の新鮮な状態を保ちながら、長年の水産加工技術を活用することで、質の高いからすみを製造することができます。※「寒」の時期(12月中旬以降)の鯔を仕入れて作っていることから、名に「寒」の文字を冠しました。
日向灘沖の天然塩
宮崎県日向灘に打ち寄せる
満潮時の海水のみでつくられた
無添加無加工の天然海水塩を使用。
塩漬けの塩にもこだわりを
宮崎県を代表する日向産まれの「満潮の塩」。日向灘に打ち寄せる“満 潮時の海水” を汲み上げ、平釜で約45時間まるごと煮詰めて作る100%自然の無添加・無加工でできた天然塩です。自然の恵みを手間と時間をたっぷり使い炊き上げる煮詰め製法により、豊富なミネラルとバランスが生まれます。ミネラルは素材にすばやく浸透して旨味を引き出し、そのまろやかな塩味は素材の旨味と調和します。宮崎からすみ寒では、塩漬けの際に満潮の塩を贅沢にたっぷり使用することで、魚卵の持つ旨味を最大限に引き出しています。
天日干し仕上げ
「日本のひなた宮崎県」の陽光の下
日向灘に面した天日干し専用スペースを設け
古来より伝わる伝統的製法を行っています
「日本のひなた」の伝統的製法
神話の時代から 「日向」と称されてきた宮崎県。全国3位の日照時間と天候に恵まれ、冬の時期には大陸からの風が山地を越える際に乾燥し、天日干しに最適な環境になります。寒鯔の水揚げ時期と重なることから、新鮮な状態で最適なからすみづくりを行うことができます。また、品質安定化と年中通しての生産を可能にするため、専用乾燥室にて数日乾燥させ状態を安定化した後にじっくり天日干しすることで、旨みが凝縮されます。極上のチーズのような旨みとねっとりした舌触り、そして、卵の粒感が味わえるからすみに仕上がります。
宮崎発のブランドへ
宮崎をからすみの町に
産地としてのこだわりを持ち
良質な商品を作り続け発信していきます。
産地として誇れる商品づくり
“宮崎県をからすみの町にしたい”との想いから約1年かけ取り組み、日向灘の寒沖鯔、日向の塩「満潮の塩」を使用した日向地域ならではのからすみをつくりました。またデザイナーや書道家、写真家の協力の下、ブランディングにも取り組んでおり、チーム・シェフ コンクールでは3つの賞を受賞、東京都の燻製専門店による試食イベントでも好評で、今後は積極的なプロモーション活動を実施します。ギフト向け「プレミアム」と、観光お土産向け「スタンダード」を用意、専用パッケージに入れ包装紙で包み、紙袋にて提供しています。
未来

からすみをもっと身近に

からすみは古くから日本三大珍味として知られ、先人たちの知恵が創り出した独特の味わいは多くの方に親しまれています。とはいえ、希少で高価なからすみは、気軽に手に入るものではなく、私たちはもっと日常に寄り添える、身近にからすみの美味しさを味わえる商品づくりに取り組んでいきたいと考えています。今後は、クラウドファンディングやアンバサダー、コラボ商品などさまざまな企画を通して、顧客とのコミュニケーションに取り組み、「からすみが創造する新たなフードスタイル」を目指します。
からすみ寒EBOOK WEB版パンフレットがご覧いただけます。
カラスミとツナの
クロックムッシュ
カラスミのディップ
カラスミとパルメザンチーズ
シャトーレストラン ベル・エポック(宮崎県)
佐々木 綱美シェフ
宮崎からすみ寒は、塩気がマイルドで、シーフードと組み合わせると他の食材を引き立てるだけでなく、主役になる事ができる二刀流的なからすみです。そして、チーズとの相性も良く、旨味とコクが絶妙な味わいを生み出します。料理にトッピングすることにより、贅沢な調味料として、ワインのお供として、メイン(主食材)になります。軽快で、塩気あるミネラルを感じられるイタリアの白ワインが合うでしょう。
食で平和に、食で笑顔に
弊社は、道前 正人氏(現代表の祖父)が宮崎県門川町の門川漁港に隣接する場所を拠点に冷凍冷蔵庫業として創業後、昭和43年に法人化(合名会社)、平成元年に株式会社に組織変更を経て、令和4年に3代目となる現代表の道前敬人が事業承継しました。水産事業として冷凍魚、鮮魚・水産加工の3部門の事業を展開しています。大型冷凍庫、干物乾燥室、加工工場を所有し、仕入れた鮮魚を新鮮なまま長期冷凍保管し干物や練り物加工までの一貫した生産体制が行え、国内外へ水産卸の流通を行っています。また、宮崎からすみ寒を始め、さまざまな商品企画・開発を進めています。
「世の中に新しい食の文化を創造し人々に幸せと感動を提供する。」
その信念の下、より皆様の身近な存在になるべく、衛生管理の向上や最新技術の導入、また味や食感の向上などに取り組んでいます。また「食を楽しむすべての人に寄り添い、平和であり続ける未来をつくっていく。」をモットーに、働く環境の改善にも取り組んでいます。「安全で美しくて体にいい食品を世の中に提供していくこと」を使命として、これからも社員一同「食」づくりに真摯に向き合ってまいります。